» 日々の気づきのブログ記事

例えば、先日、お仕事をご紹介した方からお礼のはがきが届いたとしましょう。

住所まで手書きで、感謝の気持ちが手に取れるような、素晴らしい内容でした。

ただ、字が汚い。

 

例えば、先週ある異業種交流会でお話させて頂いた方から、

「明日、仕事で近くまで行くので、ご挨拶に寄らせて頂きたいのですが」とお電話を頂き、

夕方の空いた時間に立ち寄って頂き、先日の話の続きになり、来週、飲みに行く約束をした。

 

例えば、夕食をご馳走になったので、お礼のはがきを書こうと思い立ったが、

自分の字の汚さが気になり、次回、会う時にお礼を言うことにした。

 

例えば、先日参加した異業種交流会で、すごく話が弾んだ方。

明日、その方の会社の近くまで用事で行くことになったので、

ご挨拶に立ち寄ろうか迷ったが、たぶんのお忙しくしておられるだろうな・・・

急にお電話してもご迷惑だろうと、お電話するのをやめた。

 

なんか、話がおかしいですよね!

 

自分が頂いた汚い文字のはがきの感想は、

あまり字も上手ではないのに、わざわざ手書きで書いて頂けた。

気持ちが伝わるよな~! すごく嬉しい!ですよね。

 

わざわざ、会社に立ち寄って頂いた時もそう!

お忙しいのに、そんな中、私のために時間をさいてわざわざお越し頂いた!

 

なのに、自分が行動を起す側になると、

考え方が、180度変わる。

 

私が、発見した「立場が変われば、考え方が180度変わる!」法則。

 

もっと、積極的でいいんです!!

認知的不協和理論というのがあります。

アメリカの心理学者、レオン・フェスティンガー氏が提唱した理論で、

人は自分が「行動したこと」とや「考えたこと」の整合性を保ちたいと思っている。

そのため、「自分が行動したことが正しかったと考えたい」という心理が働く。

例えば、何かを買った時、購入後、多少の不安や不満が生じても、それを認めたがらない。

購入後は、自分の選択、判断を正当化したいのです。

 

これって、良くわかりますよね。

 

買い物した後、

この判断は正しかったのだろうか?

もっと、いい判断があったのんじゃないか?

他にもっといい商品、安いお店があったんじゃないか?

 

気にはなるんですが、調べたりはしない。

それは、その判断が間違いだったと認めたくないから・・・

 

先日、ビッ○カメラで、テレビを購入しました。

店員さんといろいろやり取りがあり、ある程度の値引きと、

5%の長期保障を無料で付けてくれることを条件に購入を決定!

 

その後、レジに向かう途中で、店員さんが電卓をたたきながら、

「お客様、この四千数百円、中途半端なので引いておきますね!」

もう値段交渉は終えて決定したにもかかわらず、さらにこの段階でまた値引き!

 

配達先の住所を記入していると、

「先程、ブルーレイのデッキもご覧になっていましたよね!

もし、次回お求めになったら便利なので、このケーブルをお使い下さい」と、

接続ケーブルをサービスしてくれました。

極めつけは、

「この頃の、薄型テレビは凄く薄くて、地震の時にはすぐに倒れてしまいます。

なので、安全のために、耐震のマットもお付けしておきますね」

と、総額五千円程度の商品を付け加えてくれました。

 

購入を決めて、値段や条件が決まってから、実質¥15,000ほどのさらにの値引き。

 

○消費者(私)の心理

購入を迷っているヒトへの、値引きやサービスの提案ではなく、

購入を決めた後に、さらにサービス。

まさに、ここで買ってよかったな!

私の選択、判断は正しかった!!

いい買い物が出来た!

次の買い物も、また、ビッ○カメラで決まり!!

 

購入後に、消費者に、その買い物は正解ですよ!

あなたの、その選択は正しかったんですよ! とお客さまに思って頂くことの大切さ!

大事なんですよね!

 

この行為が、その担当者レベルのものなのか、会社レベルで取り組んでいるものなのか、
この認知的不協和理論を知っての取り組みなのか、そうではないのか・・・

それは定かではないですが、確かに私自身が効果を確信出来ました!

 

お客様の購買判断の正当化のため、購入後のフォローはやはり効果がある。

 

例えば、初めてのお取引で、取引先からお礼の「はがき」が届いたとしたら・・・

 

そのお取引、あなたの判断は正しかったんですよ!って感じて頂けるための効果的なフォローになりますよね。

 

そう考えると、やはり、「はがき」は顧客維持の効果が十二分にある!!

息子の高校受験に付き合って始めた早起き。

もう一月半になり、生まれて初めて「早起き」が習慣となり定着しました。

お陰で会社には、7時過ぎには到着。その出来た朝の時間に、

細かい小さな仕事を片付けるようになりました。

そこで気付いたのですが、

私の中では「大きな仕事」例えばボリュームのある企画書を作ったり、

新しい講演テーマの内容をまとめたりすることも、

「細かな小さな仕事」をこなすことも、「ひとつの仕事」とカウントしているという事。

なかなか、「大きな仕事」をどんどんこなすのは労力も時間も費やしますが、

「細かな小さな仕事」をどんどん片付けることで、

しないといけない仕事の数がどんどん少なくなり、

すごく気分にゆとりが出来るようになりました。

もう、前の習慣には戻れないな~!

謹賀新年

旧年中は格別のご愛顧を賜り、誠にありがとうございました。

今年も昨年と変わる事無く、よろしくお願い申し上げます。

さて、企業の生存率を調べてみますと、

創業後、3年後には65%になり、5年後には15%、10年後には6.3%,

20年後には0.4%、30年後にはなんと0.03%だそうです。

そんな中、弊社は今年の1月で、昭和48年の創業から40年目を迎えることとなりました。

これもすべて、お客様との多くの素晴らしいご縁のお陰だと感謝しております。
今年はしっかり「弊社の価値をお伝えする!」と言うことを念頭におき、
皆様に喜んでいただけますよう、行動あるのみです。

本年も、何卒よろしくお願い致します。
年始は7日より、通常通りの営業させて頂きます。

先日、東急ハンズでハンズメッセが開催されており、

LED電球が特価。

これを機に、我が家の電球をすべて付け替えました。
 

  

そこで、ふと感じたこと。

 

「このLED電球、40,000時間の寿命か~?!」

 

40,000時間?!

 

トイレの電球で考えると、

1日、4時間の点灯として考えると、

10,000日。

27年と少し・・・

 

私が今46歳だから・・・

 

73歳まで持つということ!

 

おれ、

死んでるかもしれん。
 

 

40,000時間に思うこと。

いろんな事、早くやろ。

 

仕事でいうと、私の持っている名刺をつくる知識や経験も、
伝えて行く事も考えないと!思うようになりました。
自分ひとりで広める事をがんばるより、

逆に、お伝えする事により、多くの方々に喜んでいただけるようになり、
また、多くの経営のしんどい印刷会社さんのお役に立てるかもしれない。

考えてみる価値、あるよね。

プロフィール

お渡しするのが楽しくなるような、名刺作りのお手伝いをいたします。

カレンダー

2017年3月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近のコメント