» 2019 » 3月 » 1のブログ記事

名刺をお作りする際に、ヒアリングを終えて、デザインが決まり、さー、印刷。
その時に決めないといけないのが、『紙』です。

名刺の紙

 

見積書には、一応、紙の種類を記載させて頂くのですが、

プロでないと、どんな紙か想像できませんよね。

ミスターB スーパーホワイト 110kg  やら、
マットコート 180kg  やら。。。

ミスターB スーパーホワイトやマットコートというのは、
紙の種類や紙の製品名を言います。

110kgや180kgというのは紙の厚み(重さ)をあらわします。

名刺使用紙

 

紙には連量という言葉があって、
ある規定の寸法に仕上げられた紙1,000枚分のことを1連と言い。
連量とは1連の紙の重量のことを言います。
1連(紙、1,000枚の重さ)が重いと紙が厚く、軽いと紙が薄いということになります。
(基準になる紙の寸法は通常、四六判(788×1,091mm)の大きさ。
通常は四六判の大きさの紙、1,000枚で110kgなら、厚みを〇〇mmと言わず、
110kgと言います。同じ紙でも、菊版など紙の大きさの規格が変わると、
同じ厚みの紙でも、菊版 76.5kgと言います。
なので、「四六判 110kg」の紙と、「菊版 76.5kg」の紙は同じ厚みの紙なのです)
なので、紙の厚みを言うのに、単位は「mm」ではなく「kg」で表示します。
少しわかりにくいですね。

私が名刺に使用する紙の厚みは、180kgが基本です。

それ以上薄いとペラペラ感があるし、それ以上厚いと、
名刺入れにあまり枚数が入りません。
もちろん目的に合わせて、厚みを変えることもあります。
政治家さんや職種によっては、厚い紙が好まれたりしますね。

ちなみに、私は二つ折りの名刺の場合は、135kgを使います。
二つ折り名刺の場合、気を付けないといけないのは、折り目が微妙に割れるということ。
なので、折り目の部分に「黒」や「紺」などで、ベタで印刷してしまうと、
破れたところから、紙自身の白い色が見えてしまうので、
折り目の部分は白地を残しておくか、薄い色を使うことをお勧めします。

さて、せっかくなので、印刷物における、紙の厚みの基準をお知らせしておきましょう。
私の主観ですが(笑)

55kg ・・・ 新聞の折り込みチラシのうす~~い感じのもの
90kg ・・・ A4チラシの薄いもの
110kg ・・・ よくA4チラシに多く使われています
135kg ・・・ A4チラシならしっかりした厚み、二つ折りの名刺にも使います
180kg ・・・ 名刺で使われる標準の厚み
220kg ・・・ ポストカードに使います
265kg ・・・ 衣料品についている下札のイメージ

こんなところでしょうか。

紙の厚み、厚みなのに単位は「kg」
わかりにくいですが、理由を知っていると、
紙選びがわかりやすくなりますね。

プロフィール

お渡しするのが楽しくなるような、名刺作りのお手伝いをいたします。

カレンダー

2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近のコメント