ランチェスター戦略から学ぶ 小が大に勝つ経営戦略講座。開催致します!!

|カテゴリー: セミナー情報, 告知コメント(0) 

オープンで開催するのは初めてだと思います。
「ランチェスター弱者必勝の経営戦略」のセミナーを開催致します。

私は、名刺コンサルタントとして現場で多くの経営者のお話をお聞きしましたが、その多くが事業の運営・存続に大変ご苦労されていらっしゃいます。

朝は誰よりも早く出勤し、夜も遅くまで動きまわり、誰よりも惜しみなく努力されている経営者ばかりだというのに・・・  なぜ、このような現状なのでしょうか? 

私が思うに、外的な要素は別として、その原因の多くは、多くの経営者が「経営の原理・原則」をご存じ無いという事が大きいと感じています。その為に、日々の努力と歯車が噛み合わず、空回りして、結果につながらないという、大変残念な状況になっている場合が多いのです。
しかし、経営を一から学ぼうとしても、経営とは目に見えないモノ! 会計・簿記などを学ぶ学校は存在しても、利益を出す為の中小・零細企業の経営者向けの経営を学ぶ場所が、実は無いのです。
そこでこの講座では、受講頂いた方々に経営の原理・原則をご理解いただき、その上で、ランチェスター法則における、「弱者の法則」を自分のモノにする事によって、小さな会社には、決して大企業のやり方をまねてはならない、「小さな会社の経営」の形がある!! という事をお伝えし、中小・零細企業の経営者の日常の努力が、より業績を上げる事に効率的に直結するようになればと考えております。


限りある経営資源の少ない中小・零細企業は「効率」を考えないと多くが無駄になることがあります。「小さな会社」の経営の形をこの機会に見直しませんか。

小さな会社は大きな会社のやり方をまねてはならない「小さな会社」の経営の形がある 
ランチェスター戦略から学ぶ 小が大に勝つ経営戦略講座


日時:平成30年5月22日(火) 午後2時~4時
場所:大阪商工会議所6階 白鳳の間
講師:れいあうと・にっしん株式会社 代表取締役
ランチェスター戦略社長塾 塾長  名倉 信一
定員:60名
受講料:大阪商工会議所会員 無料  / 特商・一般 5,000円
問合せ:大阪商工会議所 中央支部 担当:辻さま
TEL 06-6944-6433
お申込み: http://www.osaka.cci.or.jp/event/seminar/201803/D53180522015.html


ランチェスター 大阪商工会議所

ご都合が合う方は、是非、ご参加ください。

6月には大阪商工会議所 南支部様でも開催が決まりました。
詳細は、決まり次第、またお知らせいたします。

自然と「応援したくなる」って思わす何かって?  頑張っている人を見ると、自然と人は応援したくなる。

皆さん
明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。


さて、新年早々、息子がお世話になっている、
大阪市立大学体育会漕艇部「初漕ぎ会」に参加してきました。

お餅つきに始まり、神社への参拝、エルゴ体験、そして実際にボートへも乗艇させて頂き、その後は、日常部員さんが食べているエッセン、少しお酒も頂きながらと、大変楽しい時間を過ごさせて頂きました。

大阪市立大学低創部

さてその席で、毎年、漕艇部に援助頂いている企業さんのお話がありました。
数年前から援助をして頂いているらしいのですが、その始まりは、お金を援助下さいとか船を買って下さいとかではなく、マネージャーたちがいつもボロボロになったキッチンで食事を作ってくれています。なんとか、キッチンをリフォームして頂けないでしょうか。だったらしいです。
企業の社長さんが、艇庫に来られ、そのボロボロではあるがピカピカに磨かれたキッチンを見て、援助を申し出てくれたらしいです。
決して資金的に恵まれた環境あるとは言えない公立の大学の体育会系運動部ですが、その環境の中で感謝を忘れず取組む姿勢に心打たれたとお聞きしました。

そこで、私が感じたのは、
そこには自然と「応援したくなる」って思わす何かがあるということです。

選手の熱い想い!これはもちろん不可欠なのですが、
マネージャーさんを含む、裏方さんのサポートの姿勢。
その中に垣間見える、
「熱意」「素直さ」「ひたむきさ」「謙虚さ」「日々の努力」「感謝」
その要素が、全ての部員さんからしっかり見えるからだと感じました。

そうなんです。
頑張っている人を見ると、自然と人は応援したくなるんです。


さて、ビジネスの話に当てはめると。。。

時々、フレッシュな営業マンが飛び込みで来てくださる時があります。
大きな夢を持って、目標に向かって日々頑張っています!!
と聞くと、無条件で応援したくなりませんか?

そう言えば私も、若かりし頃、年配の経営者さんに随分と応援して頂きました。

周りの方々から応援して頂ける。
営業マンとしてこんなに嬉しいことはないですよね。

私の周りでも応援してもらっている方からは、
「熱意」「素直さ」「ひたむきさ」「謙虚さ」「日々の努力」「感謝」が感じ取れます。

私は、若い経営者の方には特に、名刺を作る際に、
「◯◯に挑戦中です!」と記載して頂く事があります。
しっかりと夢や目標を伝えることで、応援して頂ける。

やはり、名刺を使って伝える!って大切です。

ただ、名刺という限られた、50.05c㎡の中に情報を入れるには、しっかり優先順を決めることが大切です。
会社や自分のどの情報を伝えるか。。。

頑張っている人を見ると、自然と人は応援したくなる。

しっかり自分の夢や思いを伝える。大切なことだと思いませんか。

「名刺力」セミナー 地元大阪で久しぶりの登壇です。

|カテゴリー: セミナー情報コメント(0) 

再来週の12月18日、大阪・心斎橋にて「名刺力」セミナーが開催されます。


名刺セミナー講師

毎回、セミナーの最初にお話するんです。


「今までに、2時間、名刺だけのお話を聞いたことないでしょ!」


で、聞き終わって、自社の商品、サービス、営業方法に「名刺」は効果がない!
と結論づけば、2時間は有意義なものになります。
だって、違う戦術を考え直せばいいのですから。
よく名刺を変えればいいと聞くけど、
いかがなものだろうか。。。  とこれ以上悩まなくても済みますし、
この2時間で、なぜ、名刺じゃないのかを判断する材料がしっかり見つかれば、
どんな戦術が自社の商品、サービス、営業方法には有効なのかは、
自ずと見えてくるはずですから。



だから、セミナーの感想に中に、
「我が社では、名刺を見直すことに効果は無さそうです」
と言うのは、大いに結構なんです。


是非、それを確かめに来られませんか?



開催日時:2017年12月18日(月)18時から20時
場所:大阪 心斎橋コワーキングスペース
参加費:3000円(税込み)


会場でお会い出来ますことを楽しみにしております。

お申込みは →  https://goo.gl/gLtB4M



名刺の名前や住所の記載は、お客様目線でわかりやすく  ~名刺づくりのヒント~

|カテゴリー: 名刺づくりのヒントコメント(0) 

先日のことです。
打合せのため、奈良まで向かいました。
一応、GoogleMapで会社の場所を確認。
現場に着くと、近くに同じ様なビルがいくつも。。。
しかも、どのビルの5Fに目的の会社名がない。
結局、二つ目のビルの5Fでその会社を発見。
名刺の住所は、ビル名も記載しましょう。


先日のことです。
お名刺交換した後に、お葉書を書こうと思い。
名刺の住所を記載しようとすると郵便番号の記載がない。。。
ネットで調べますが、書いておいて欲しいな。


先日のことです。
お名刺交換した後、お聞きしたいことがあったので、
電話をしてみました。
「◯◯さん、いらっしゃいますか?」
「弊社に、○◯は二人おります。下の名前はわかりますか?」
「・・・・・」 漢字難しくて読めない。。。。
読みにくい名前は、ふりがなふっといてよ。


先日のことです。
先日のあの方の会社、どこにあったっけ?
名刺を見ると、三豊市とある。。。
何県やろ?  頭に香川県だと書いといてよ。
おまけに、電話番号には市外局番もない。。。


先日のことです。
名刺記載の住所を訪問すると、その住所のそのビルのその階に、
その会社がない。
仕方ないので、エレベーターの横の会社に尋ねようと入ってみると、
その方がいらっしゃる。
「共同で事務所を借りているんですよ」って。。。
名刺に、◯◯内って書いといてよ。




皆さん! 名刺に記載する名前や住所は、
郵便物を送りやすいように、お客さんが訪問してくれやすいように、
地元以外の誰が見てもわかるように、
再度、お客様に手間をかける事のないように注意しましょう。


つまり、簡単なことです。
自分目線ではなく、名刺を受け取る側、つまりお客様目線で、
名刺に記載する情報は記載しましょう。ということです。
ほんとに小さな小さな、基本的なことです、



ちなみに、このブログを書こうとしたきっかけは、この名刺。


ランチェスター経営_竹田陽一名刺


いつもお世話になっている、
ランチェスター経営、竹田陽一先生の名刺。

名刺には、
場所は、渡辺通一丁目交差点薬院駅側、
一つ目の信号、新生堂薬局を左に三〇m,
三省堂ビルを右に二〇m
博多駅正面口からタクシー八分。 と記載。

URLの http://www.lanchest.com のla の上には何気なく、
「ラ」とふりがな。

さすがのお客様目線。流石です。

自社の扱う商品・サービス、お客様にしっかり伝えられていますか?  今すぐ、名刺を見て確かめてみて下さい。

|カテゴリー: 名刺づくりのヒントコメント(0) 

今回は、身の毛もよだつ恐ろしい笑えない話。

先日のこと。
半年ほど前に大阪商工会議所さまで、私の「名刺力セミナー」を受講された方から、
会社にお電話を頂きました。


内容はこうです。

「先生、お久しぶりです。先日は良いセミナーを有難うございました」

「いえいえ。こちらこそありがとうございました」

「教えて頂きたいことがございまして」

「はい! 何でしょうか?」

「先生がこの間セミナーでお話されていたような名刺を作りたいと思うのですが、先生のセミナーの内容を反映させられるような、オススメの名刺屋さんをご紹介して欲しいのですが」


「  ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・       私で良ければ、お作りしますが。。。」


ねっ!

怖いでしょう。

笑えないでしょう。

だって、セミナーで2時間名刺のお話をさせて頂いて、
私が何者か伝わってなかったなんて。

その方は、私が経営コンサルタントで、名刺もひとつの営業ツールとして活用出来ますよ。と講演していたと思っていたらしいです。

そうですね。
そう言えば、セミナー中、一言も「名刺を作る事ができます」とは話していなかった。


「名刺力セミナー」をお聞き頂いて、その後、お名刺の発注を頂くことは良くあります。
だからでしょうか。
言わなくても伝わっている!と勝手に思い込んでいたのでしょう。


いちばん大切なことが伝わっていなかった。。。 ショックでした。


だから、その後は、名刺コンサルタントの肩書きの他に、

「業績を上げる名刺づくりの専門家」と付け加えるようにもしましたし、

実績に「名刺制作実績 3,000件超」と書き加えるようにもしました。

セミナーでは私を紹介する動画を見て頂くことも始めました。
  →  名刺コンサル 30秒 プレゼン




長年やっていると、慣れてしまって、
自分で勝手に「だろう」と判断してしまう。

皆さんもその部分が現状しっかり出来ているか、この機会に確認して見られてはいかがですか。

自社のこと、お客様にしっかり伝えられていますか?

少なくとも名刺交換して、どんな商品・サービスを扱っている会社か、相手に伝わらない名刺はすぐにでも改良の余地ありですよ。

プロフィール

お渡しするのが楽しくなるような、名刺作りのお手伝いをいたします。

カレンダー

2018年4月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

最近のコメント