ホームページをリニューアル致します!!

|カテゴリー: 名刺コンサルの日々, 告知コメント(0) 

長年、皆さんに見て頂いていた「名刺コンサル」のホームページですが、
年が変わるのを機に、リニューアルすることになりました。

このリニューアルにより、
よりリアルタイムな更新が可能になります!

平成26年度の弊社の掲げるキーワードは「速さ」

まさにナイスなタイミングです!!

是非、来年、また覗いてくださいね。

ー年末年始の営業についてー
平成25年12月28日(土)より、平成26年1月5日(日)までお休みを頂きます。
新年は1月6日より、平常通りの営業です。

来年も変わりなく、宜しくお願い致します。

法則を発見

|カテゴリー: 名刺づくりのヒント, 日々の気づきコメント(2) 

例えば、先日、お仕事をご紹介した方からお礼のはがきが届いたとしましょう。

住所まで手書きで、感謝の気持ちが手に取れるような、素晴らしい内容でした。

ただ、字が汚い。

 

例えば、先週ある異業種交流会でお話させて頂いた方から、

「明日、仕事で近くまで行くので、ご挨拶に寄らせて頂きたいのですが」とお電話を頂き、

夕方の空いた時間に立ち寄って頂き、先日の話の続きになり、来週、飲みに行く約束をした。

 

例えば、夕食をご馳走になったので、お礼のはがきを書こうと思い立ったが、

自分の字の汚さが気になり、次回、会う時にお礼を言うことにした。

 

例えば、先日参加した異業種交流会で、すごく話が弾んだ方。

明日、その方の会社の近くまで用事で行くことになったので、

ご挨拶に立ち寄ろうか迷ったが、たぶんのお忙しくしておられるだろうな・・・

急にお電話してもご迷惑だろうと、お電話するのをやめた。

 

なんか、話がおかしいですよね!

 

自分が頂いた汚い文字のはがきの感想は、

あまり字も上手ではないのに、わざわざ手書きで書いて頂けた。

気持ちが伝わるよな~! すごく嬉しい!ですよね。

 

わざわざ、会社に立ち寄って頂いた時もそう!

お忙しいのに、そんな中、私のために時間をさいてわざわざお越し頂いた!

 

なのに、自分が行動を起す側になると、

考え方が、180度変わる。

 

私が、発見した「立場が変われば、考え方が180度変わる!」法則。

 

もっと、積極的でいいんです!!

そのお取引、あなたの判断は正しかったんですよ!で顧客維持

|カテゴリー: 名刺コンサルの日々, 日々の気づきコメント(0) 

認知的不協和理論というのがあります。

アメリカの心理学者、レオン・フェスティンガー氏が提唱した理論で、

人は自分が「行動したこと」とや「考えたこと」の整合性を保ちたいと思っている。

そのため、「自分が行動したことが正しかったと考えたい」という心理が働く。

例えば、何かを買った時、購入後、多少の不安や不満が生じても、それを認めたがらない。

購入後は、自分の選択、判断を正当化したいのです。

 

これって、良くわかりますよね。

 

買い物した後、

この判断は正しかったのだろうか?

もっと、いい判断があったのんじゃないか?

他にもっといい商品、安いお店があったんじゃないか?

 

気にはなるんですが、調べたりはしない。

それは、その判断が間違いだったと認めたくないから・・・

 

先日、ビッ○カメラで、テレビを購入しました。

店員さんといろいろやり取りがあり、ある程度の値引きと、

5%の長期保障を無料で付けてくれることを条件に購入を決定!

 

その後、レジに向かう途中で、店員さんが電卓をたたきながら、

「お客様、この四千数百円、中途半端なので引いておきますね!」

もう値段交渉は終えて決定したにもかかわらず、さらにこの段階でまた値引き!

 

配達先の住所を記入していると、

「先程、ブルーレイのデッキもご覧になっていましたよね!

もし、次回お求めになったら便利なので、このケーブルをお使い下さい」と、

接続ケーブルをサービスしてくれました。

極めつけは、

「この頃の、薄型テレビは凄く薄くて、地震の時にはすぐに倒れてしまいます。

なので、安全のために、耐震のマットもお付けしておきますね」

と、総額五千円程度の商品を付け加えてくれました。

 

購入を決めて、値段や条件が決まってから、実質¥15,000ほどのさらにの値引き。

 

○消費者(私)の心理

購入を迷っているヒトへの、値引きやサービスの提案ではなく、

購入を決めた後に、さらにサービス。

まさに、ここで買ってよかったな!

私の選択、判断は正しかった!!

いい買い物が出来た!

次の買い物も、また、ビッ○カメラで決まり!!

 

購入後に、消費者に、その買い物は正解ですよ!

あなたの、その選択は正しかったんですよ! とお客さまに思って頂くことの大切さ!

大事なんですよね!

 

この行為が、その担当者レベルのものなのか、会社レベルで取り組んでいるものなのか、
この認知的不協和理論を知っての取り組みなのか、そうではないのか・・・

それは定かではないですが、確かに私自身が効果を確信出来ました!

 

お客様の購買判断の正当化のため、購入後のフォローはやはり効果がある。

 

例えば、初めてのお取引で、取引先からお礼の「はがき」が届いたとしたら・・・

 

そのお取引、あなたの判断は正しかったんですよ!って感じて頂けるための効果的なフォローになりますよね。

 

そう考えると、やはり、「はがき」は顧客維持の効果が十二分にある!!

大も小も、ひとつはひとつ。

|カテゴリー: 名刺コンサルの日々, 日々の気づきコメント(0) 

息子の高校受験に付き合って始めた早起き。

もう一月半になり、生まれて初めて「早起き」が習慣となり定着しました。

お陰で会社には、7時過ぎには到着。その出来た朝の時間に、

細かい小さな仕事を片付けるようになりました。

そこで気付いたのですが、

私の中では「大きな仕事」例えばボリュームのある企画書を作ったり、

新しい講演テーマの内容をまとめたりすることも、

「細かな小さな仕事」をこなすことも、「ひとつの仕事」とカウントしているという事。

なかなか、「大きな仕事」をどんどんこなすのは労力も時間も費やしますが、

「細かな小さな仕事」をどんどん片付けることで、

しないといけない仕事の数がどんどん少なくなり、

すごく気分にゆとりが出来るようになりました。

もう、前の習慣には戻れないな~!

「ご縁」の連鎖

|カテゴリー: 名刺コンサルの日々コメント(0) 

「知的資産経営」に以前から興味がありました。



名刺をつくる際、お客様からいろいろなお話を聞いていると、

自社の持っている「知恵・工夫・経験」。
この大きな知的資産にお気付きで無い企業さんがすごく多い。

そこで、何とか有意義なアドバイスが出来ないかという思いを日頃から持っていました。



そのことを友人に話すと、いい人をご紹介するということで、

社団法人日本知的資産プランナー協会、西元理事長をご紹介頂きました。



そして、そのご縁で

国家資格である「知的財産管理技能検定」に挑戦することになったのが、

去年の6月、三週間の講座に通い、無事、7月の試験に合格。
「知的財産管理技能三級」を取得。



そのご縁で、社団法人日本知的資産プランナー協会さんとご縁を頂き、

組織の専門委員として構成メンバーに加えて頂きました。



そのご縁で、社団法人として関わっておられる、

京都外国語大学の非常勤講師のポストもお手伝いさせて頂くこととなり、
めでたく、京都外国語大学、非常勤講師と名乗らせて頂けることになりました。

お話しする内容は、就活に向け学生さんに、「自分の価値を伝える!」という内容で、

既に、お話をさせて頂きに行っています。

そのことを。Facebookに書いたところ。



そのご縁で、ある企業様から、一般社員向けにその内容で社員研修をして欲しい、

とご依頼を受け、「自分の価値を伝える! 相手の価値を受け入れる!」という内容の社員研修を大阪、東京でさせて頂くこととなりました。



そのご縁で
大阪での研修後の昼食時に、ご紹介して頂いた大手企業の方から、
先程、講演の依頼お話を頂きました。



そしてこのご縁で・・・
さー、この先、どう発展していくのでしょう?

プロフィール

お渡しするのが楽しくなるような、名刺作りのお手伝いをいたします。

カレンダー

2017年3月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近のコメント