名刺に使用する「紙」の厚みを考える     ~ 厚みなのに、どうして「kg」であらわすの? ~

|カテゴリー: 名刺づくりのヒントコメント(0) 

名刺をお作りする際に、ヒアリングを終えて、デザインが決まり、さー、印刷。
その時に決めないといけないのが、『紙』です。

名刺の紙

 

見積書には、一応、紙の種類を記載させて頂くのですが、

プロでないと、どんな紙か想像できませんよね。

ミスターB スーパーホワイト 110kg  やら、
マットコート 180kg  やら。。。

ミスターB スーパーホワイトやマットコートというのは、
紙の種類や紙の製品名を言います。

110kgや180kgというのは紙の厚み(重さ)をあらわします。

名刺使用紙

 

紙には連量という言葉があって、
ある規定の寸法に仕上げられた紙1,000枚分のことを1連と言い。
連量とは1連の紙の重量のことを言います。
1連(紙、1,000枚の重さ)が重いと紙が厚く、軽いと紙が薄いということになります。
(基準になる紙の寸法は通常、四六判(788×1,091mm)の大きさ。
通常は四六判の大きさの紙、1,000枚で110kgなら、厚みを〇〇mmと言わず、
110kgと言います。同じ紙でも、菊版など紙の大きさの規格が変わると、
同じ厚みの紙でも、菊版 76.5kgと言います。
なので、「四六判 110kg」の紙と、「菊版 76.5kg」の紙は同じ厚みの紙なのです)
なので、紙の厚みを言うのに、単位は「mm」ではなく「kg」で表示します。
少しわかりにくいですね。

私が名刺に使用する紙の厚みは、180kgが基本です。

それ以上薄いとペラペラ感があるし、それ以上厚いと、
名刺入れにあまり枚数が入りません。
もちろん目的に合わせて、厚みを変えることもあります。
政治家さんや職種によっては、厚い紙が好まれたりしますね。

ちなみに、私は二つ折りの名刺の場合は、135kgを使います。
二つ折り名刺の場合、気を付けないといけないのは、折り目が微妙に割れるということ。
なので、折り目の部分に「黒」や「紺」などで、ベタで印刷してしまうと、
破れたところから、紙自身の白い色が見えてしまうので、
折り目の部分は白地を残しておくか、薄い色を使うことをお勧めします。

さて、せっかくなので、印刷物における、紙の厚みの基準をお知らせしておきましょう。
私の主観ですが(笑)

55kg ・・・ 新聞の折り込みチラシのうす~~い感じのもの
90kg ・・・ A4チラシの薄いもの
110kg ・・・ よくA4チラシに多く使われています
135kg ・・・ A4チラシならしっかりした厚み、二つ折りの名刺にも使います
180kg ・・・ 名刺で使われる標準の厚み
220kg ・・・ ポストカードに使います
265kg ・・・ 衣料品についている下札のイメージ

こんなところでしょうか。

紙の厚み、厚みなのに単位は「kg」
わかりにくいですが、理由を知っていると、
紙選びがわかりやすくなりますね。

「はがき」と「DM」は違うのだ! 自社の商品・サービスを知ってもらうのに「はがき」を活用する営業手法

|カテゴリー: 名刺コンサルの日々コメント(0) 

自社の商品・サービスをお客様(見込客)に知ってもらう。
営業をするにあたり、大変大事なポイントですね。
名刺、チラシ、ホームページ、パンフレット、広告、看板、DM、
SNS、テレアポ、直接訪問、まだまだありそう、
ほんといろんな手法がありますね。

でもね。ただ、闇雲に行っても効率が悪いですね。
特に経家資源の限られている中小零細企業はなおさらです。

今回のお仕事のご依頼は、
金属プレス加工における効率アップを図ることの出来る機材を、
まずは知って頂き、試作機で効果を実感頂き、お買い上げ頂きたい!
とのことです。

ある程度の見込み客のリストをお持ちで、
そのリストのお客様は、自社のことをご存じない。
さて、そんな場合、どのような施策が有効なのでしょうか。

費用対効果も考えて、今回選んだ手法は「はがき」です。


営業はがき


ただ、DMを出すだけだと、どうでしょうか。
いきなり、「〇〇」って商品が発売されました!!
導入することで、今までの業務が格段に効率アップします。
今なら、新発売を記念して30%OFFでご提供いたします。

いかがですか?
皆さん、そのDMが来たら、読みますか?

これだけ情報があふれかえっている現状で、
ちょっとやそっとのメリットを出されただけでは見向きもしない。
それが聞いたことの無い企業からのアプローチだと、なおさらのことです。

私でも、このパターンだと、だいたいは目を通すことなく、
このDMはゴミ箱直行です。

さて、それはなぜダメなのか。

その答えは、DM(ダイレクトメール)だからです。
見ず知らずの企業から、今なら安くするから買いなさい!ってはがきが、
いきなり来るわけでしょ。
宛名は印字、何万通も出されたDMの一枚が、ここにも来たか。
そう受け止められても仕方ないですね。
反応が無いのは当たり前だと思います。

それではどうでしょうか。

宛名は手書き。
記念切手が貼ってあり、しっかり、手書きのご挨拶のメッセージも書いてある。
内容はと言うと、初めてお葉書を送らせて頂きます。
大阪で、〇〇を扱っています。□□株式会社です。
今後ともよろしくお願い致します。

はがきに、全く売りが無い。

読んでいただける確率は格段に上がります。

なぜなのか。
答えは、これは「はがき」だからです。
売りの無い、ご挨拶の「はがき」だからです。
うちの商品・サービス買いなさいと書いてある「DM」とは違うのです。

今回の施策ももちろん、ある自社製品に興味を持っていただき、
試作機を貸し出し、最終的にはお買い上げいただくのが目的ですが、
モノには順序ってもんがあります。

いきなり、いい商品だし今なら安いし買いなさい!ってDMが来てもねぇ。。。

まずは、手書きの宛名でご挨拶のはがきをお出しして、
初対面を売り無しで、まずはしっかりとご挨拶する。
まずは、何より関係を構築します。
二回目のはがきで、自社の特徴、お役に立得るポイントをご紹介し、
三回目で、より分かりやすく御社の作業の流れの中で、
私共はこの部分のお手伝いが出来ますということを知っていただき、
四回目で初めて具体的なご提案。
そして、最後の五回目のはがきは、A4サイズの「DM」をお出しして、
今回、お客様にお勧めする商品・サービスを具体的にお伝えし、
まずは、試作機でお試しいただくように持って行く。
こんな流れを作りました。

現在、1回目のはがきを投函したところです。
今後の反応が楽しみです。

反応はふたを開けないとわからない部分もありますが、
会社を知っていただくという、最低限の目標は達成できますし、
相手も人間、こちらの姿勢や志、考え方を悪く捉える方は少ないのではないでしょうか。

「はがき」と「DM」の違い。

「はがき」は感謝の気持ちを伝えたり、ご挨拶が目的。
「DM」は売ることが目的。

DMが悪いと言っているのではなく、
モノには順番があって、いきなり「売り」が見えると、
あまりいい気持にはならないということです。

しっかり「はがき」と「DM」
広い意味でいうと、多くの手法を組み合わせることで、
より良い結果につながるよう、工夫したいものですね。

「王道の琥珀 アイリッシュレッドエール 名刺の使命26」

「王道の琥珀 アイリッシュレッドエール 名刺の使命26」
何のことだと思います?
実は、私が醸造したビールの名前なんです。


20190121_184519

その「王道の琥珀 アイリッシュレッドエール 名刺の使命26」のお披露目会を、
先日、ブリューパブ テタールヴァレさんで開催しました。

それまでの経緯を少し。
昨年9月末に、友人の釡中先生の事務所移転パーティーで、
クラフトビールを仕込める権利!というサプライズプレゼントに、見事に当選!!
11月初めに8時間ほどかけてビールを仕込んできました。

40kgの麦芽を糖化、ろ過、ホップ投入、酵母を入れて、その後、熟成に約2か月。

20181104_125111

ついに、名付けて「王道の琥珀 アイリッシュレッドエール 名刺の使命26」
が、220L完成致しました。

それを記念して、私のご縁のある方をお呼びして、
お披露目会を開催致しました。

よく考えると、ただのビールを飲む会。
ですが、50人近い方々が集まって頂き大盛況でした。

ビールの名前にもしましたが、
このブログの名称でもある「名刺の使命」
それは、その人、その会社の「価値」をしっかりと伝えること。

会場では、私を通して知り合いになった方々が、
名刺交換しながら、ビールを飲み、笑顔でお話をしている。

大変、幸せな時間を過ごすことが出来ました。

20190122_191305

 

いつも思うのですが、目の前の知人が、何か困りごとを抱えているとします。
自分はその困りごとを、自分の仕事を通して解決する術を持っている。
なのに、それ(価値)を伝えてないがために、解決できず、
相手は引き続き、困りごとを解決できず困ったまま。
自分もお仕事を頂けるチャンスを機会損失している。。。
お互い不幸です。

お披露目会でも思いましたが、
やはり名刺に自分の価値をしっかり記載して、
相手にお伝えする。

それは「義務」だと思いました。

自分の周りのご縁のある方々に、
自分の、会社の価値を伝えて、
しっかりお役に立つ。
そのために、まずは名刺を見直してみてください!!

さてさて、ビールのお話ですが、
お陰様で、皆さんに喜んで頂ける最高の「琥珀」。
アイリッシュレッドエールビールに仕上がりました!!

後日、お店の方から、
名倉先生 いつもお世話になっております。ありがとうございます、
本日より「名刺の使命26」をアイリッシュレッドエールとして、
通常でもご用意しておりますが、お客様から大好評です!
特に外国の方から本場の味とお墨付き頂きました!

ブリューパブ テタールヴァレさんは、
お店内でクラフトビールを醸造し提供してくれるお店。
タイミングが良ければ、
「王道の琥珀 アイリッシュレッドエール 名刺の使命26」
飲むことができるかもしれません。


20190122_182513

また、名刺の作り手として、
このような、「名刺交換の場」をご提供する必要性も感じました。
次回も、楽しい企画考えてみますので、
是非、ご参加くださいね。
おそらく、Facebookでの発信での告知になると思います。
楽しみにお待ちくださいね。

Facebook 検索 「名倉信一」
「名刺コンサルタント 名倉信一」

協会・一般社団法人さまなどから、会員さま・資格者向けの名刺の受注を頂いています。

いつもは、一企業・一個人に対し、しっかりヒアリングを繰り返し、掘り下げて、
なかなか見えにくい、その中にある「価値」を見える化することで、
業績の上がる、名刺交換だけで仕事が取れる名刺づくりをしていますが、
この頃、色々な協会さま、一般社団法人さまから会員様向けのお名刺の注文を受ける形も増えてきました。

立ち上げからお世話になっている、一般社団法人全国古家再生推進協議会さま。
築古民家を再生し地域の防犯・活性化につなげることを目的して設立された一般社団法人。

それぞれの専門分野の専門委員の力を集結し、放置された空き家やこれから増加する古家・廃家を価値あるものに再生しながら、地主さん・大家さん・工務店などにも収益を発生させる仕組みで三方良しの体制を確立されています。

その全古協さまで認定される資格「古家再生投資プランナー」様のお名刺もその一つ。
「古家再生投資プランナー」の資格を取得した会員様から、
直接、お渡しした申込用紙でランダムにご注文頂き、発送までを受け持ちます。

私が理事を務める、一般社団法人キッズ&ジュニアスポーツコンディショニング協会もそのひとつ。
この協会は、スポーツを頑張るわが子を応援する保護者に向けた協会で、
スポーツを頑張る成長期のお子様のコンデショニングについて、
保護者が、成長痛や成長期の子どものメンタル、栄養などのコンデショニングの基本的な要素を、
座学として学び、
後半の2時間は、1日10分で子どものコンデショニングを整えるマッサージの基礎を学びます。

img19_2x

img01_2x

→ 講座の詳細はこちら

そのパパママトレーナー講座を受講した保護者の方々は「パパママトレーナー」として認定されます。

そのパパママトレーナー講座を開催することの出来る資格が、
パパママトレーナーインストラクター。

この資格取得者様用のお名刺も、名刺の発送までをお手伝いさせて頂いています。
お申込みも、以下の汎用の発注書をお渡ししFAX,・メールだけでお申込みを完結。
事務的な手間が大幅に軽減できると大変喜んで頂いています。

PMI名刺申込用紙

是非、会員様向けの名刺手配の簡略化。
お手伝いさせてください!

名刺とは「価値」を伝えるための営業ツールである。 ~ 名刺交換しただけで、仕事を受注できる名刺とは ~

名刺交換の時に、どのような名刺をお渡しすれば、仕事につながるのか。

なかなか明確に即答できる答えは見つかりません。
自身が持つ商品やサービスによっても話が変わります。
どこよりも安いコピー用紙を販売しています。という方と、
弊社が扱うダイアモンドは、1,000万円以上のものだけでございます。
という方と、名刺交換をしただけで仕事を頂ける難易度は全く違いますよね。
価格の違いもそうですが、商品やサービスの内容が誰もが知っているものなのか、説明が必要なものなのかでも大きな違いが出てきます。

私の場合、名刺交換をしただけで、名刺の仕事の受注を頂いた経験は何度もあります。
名刺交換後、「それなら、名倉さんに名刺をお願いします!」こう言って頂けるんです。

振り返ってみると、その場面というのは、現状の名刺に困っている方に対して、
または、潜在的に私が作る名刺に興味のある方に向けて、
私は業績を上げる名刺づくりの専門家です!と、名刺でしっかり伝えることが出来た時。
つまり、相手の困っていることを解決するすべを私が持っていますよ!ということ、
または、私はあなたのお役に立ちますよ!ということを、名刺を通して伝えることが出来た時だと思います。

「んん~~。現状のままでは名刺が機能していない。しっかり、名刺交換しただけで仕事のお話のできる、
そんな名刺を戦略的に作れないだろうか」
そのような要望をお持ちのお客様に、私が名刺交換させて頂く機会があり、名刺を読んで頂くことが出来れば、
必ずもう少し詳しくお話を聞かせて頂けないですか。となるはずです。

つまり名刺交換で仕事を頂ける場面というのは、この二つ。
・あなたの困っていることを解決しますよ!
・あなたのお役に立ちますよ!
このことを、名刺交換の場でしっかり伝えることが出来き、
提供する側の「価値」と求める側の「価値」が一致した時です。

例えば、モノづくりをしている会社の経営者さん。
自社製品を作るのに、A→B→C→Dという工程を踏んで製作しているとします。

その中でも、「B」という工程が、ロスも多いし、手間もコストもかかる。
このせいで納期がかかる上に、この工程を内製化していることで、人員の効率も悪い。。。
そんな悩みを抱えている経営者さんに、ある勉強会で名刺交換した折、
名刺に「B」工程でお困りならお声掛け下さい!と書いてある。
そして「私の会社は「B」の工程を専門にしております」と名刺を渡される。
その経営者さんのその後の言動は? 予想がつきますよね。
おそらく「もう少し、詳しくお話を聞かせて頂けませんか」となるはずです。
そして話を聞いてみると、
自社で「B」の工程を行うより、その会社にアウトソーシングすれば、納期は早いし、ロスも少ない、
その上コストも大幅にダウンしそうだ!となれば、明日、弊社に来ていただけないですか。となります。
名刺交換しただけで、仕事を受注できるかもしれない瞬間です。

つまり、名刺交換の時に名刺がその大事な部分を伝えることが出来るのかどうか。
僅か50.05㎠という、小さなスペースの中に、自分(自社)の価値をしっかりと、端的に、わかりやすくどう表現するか。
そして、その自分(自社)が提供できる価値とお客様が必要とする価値が、合致した場合。
名刺交換するだけで仕事につながるのです。
ただ残念ながら、私に世界一精密な金属加工技術をお持ちの企業の営業マンと名刺交換し、
その価値を伝えて頂いたとしても、受注にはつながらない。
いくらその営業マンと人間的に仲良くなっても、残念ながら、じゃあそろそろ金属の加工をお願いしようか、とはならない。
それは自分の価値と相手の価値が合致しないから。それは仕方のないこと。
それでも、あえて言うと、ひたすらに自分(自社)の価値を伝え続けること。
これが大事です。

さて、ここで皆さんに質問なのですが、
「名刺」って何だと思われますか?

もちろん、お名前や連絡先をお伝えするという最小限の機能はあるとした前提ですが、
私は、会社(自分)の価値を伝えるためのツールである。と考えています。

ここで認識を共有しておきたいのですが、
伝えるべきは「強み」ではなく「価値」だということです。

よく「あなたの会社の強みはなんですか?」と質問されることがあります。
その時、「あなたの会社の価値はなんですか?」との質問と、明確に答えを分けることが出来ますか?
つまり「強み」と「価値」の違いです。

辞書で調べてみました。
「強み」とは
・力や技がすぐれていて他に負けない部分
・長所・取り得・おはこ・特徴・専売特許・お家芸・十八番
特技・強い所
「価値」とは
・その事物がどのくらい役に立つかの度合い。値打ち。
・或るものを他のものよりも上位に位置づける理由となる性質

私が名刺を含め営業ツールを作る上で考えているのは、
「強み」は自己申告制。
紙に自分自身で100個書き出せば100個全てが強みです。
それはあなたの強みじゃないよと言われる筋合いはありません。

例えばA社さんの強み
・品ぞろえが豊富 ・自社の駐車場が広い ・受付の女の子が可愛い ・会社がきれい。
・会社の裏の桜の木がきれい  そのすべてが「強み」です。
だって、自己申告制なのですから。

それに対し、「価値」は他者評価制。
自己申告した「強み」の中で、相手が求めているものだけが、相手に対しての「価値」になる。
つまり、相手が求めていなければ、その相手に取っては価値ではないということ。

例えば例を挙げたA社さんの「強み」
私にとっては、A社さんの品ぞろえが豊富ですごく助かっており、お伺いする時はスムーズに車を停めることが出来て、その上、受付の女の子も可愛く、会社もきれい。A社さんに行くのがいつも楽しみ。春に裏の桜が満開になるのが毎年すごく楽しみ。
そうなると、A社さんの「強み」は全て私にとって「価値」なのです。
でもどうでしょう、A社さんの「強み」。北海道のお客様にとっては。。。。
品ぞろえが豊富というのは、いつも助かっており「価値」となるのですが、一度もA社さんを訪問したことのない北海道のお客様にとって、駐車場が広いことも、受付の女の子が可愛いことも、会社がきれい事も、裏の桜も、「価値」ではないのです。

私はいつも、「価値」が合致してこそのみ「事が進む」という言い方をします。
つまり、自分が提供できる「価値」(自分の「強み」)と、相手の求める「価値」の合致が必要になるのです。
就職活動でなら、企業側が求める価値と学生側の持つ価値が合致すれば、事が進む。
つまり、就職できる。
ビジネスなら、買う側が求める「価値」と提供する側の「価値」が合致すると事が進む、イコール、契約。モノを買っていただける。
男女なら、交際する。結婚するとなるわけです。

なので、名刺には客層(見込客)が何を必要としているのか。をしっかり意識した上で、会社(自分)の価値とは何なのかを考え。
その上でしっかりと、自分(自社)の価値を伝えることが大事なのです。

昔、「名刺力」セミナーを聞いたモノづくりをしている受講者さんから、
先生のセミナーを聞いて名刺を作り直しましたと、新しい名刺を見せて頂いたことがありました。
その名刺には、こうありました。
あれも出来るし、これも出来る、その上こんなことも出来て、納期も早く、業界一の安値。
加工の精度は極限の〇〇までを実現、しまいには、社員はいいヤツばっかりで。。。。
私の感想は、「で、社長の会社は何が出来るの?」でした。
何でもできる会社は、得意なものが何にもないと同じなのです。
少なくとも、名刺にそう書くとそうなってしまうのです。
その経営者さん、伝えたいことが多すぎて、伝えたくて伝えたくてしようがない。
でも残念ながら、それでは伝わらないんです。
名刺は、伝えたいことを書くのではなく、「価値」を伝えたい人に伝わるように書くことが重要なのです。
伝えたいことを書くと伝わるように書く。
これ、実は大きく違うんです。

でもね。
先程も書きましたが、いくら私に、世界一精密な金属加工技術をお持ちの企業さんが、私に自社の「価値」を伝えても、
価値の合致が生まれないので「事が進まない」
つまり、価値の合致が起こらなければ、仕事にならないのです。

それでも、名刺を使ってしっかりわかりやすく、少しでも価値の合致につながるよう、事が進むように、
価値を伝え続ける、価値を発信し続けるしかないのです。

昔、ある健康食品を取り扱う会社のお名刺を作ったことがありました。
社長さんは、その商品の素晴らしい効果に惚れ込んでおられました。
名刺のコピーを考えている時に出た言葉が、
「この商品で、世界中の人を助けたい」でした。
そして、私が確認したのですが、「社長、本心で世界中の人を助けたいと思っています?
本気で、アマゾンのジャングルの奥地の人を助けたいですか?」
少し時間をおいて、「いいえ」と返事が来ました。
そこでお話を詰めていくと、表現は「私の周りのご縁のある方を助けたい!」に落ち着きました。
世界中よりも、周りのご縁のある方。
この表現の方が、気持ちがより伝わり、説得力がありますよね。

74億人を超えるという世界の人口。
その中で、一生のうちで出会える人々。
そう考えると、出会いってまさに奇跡です。
そのご縁のある方に、自分の価値を伝え、困っている方のお役に立つ。

「B」の工程の話ではないですが、
もし、名刺交換の時に、裏面が真っ白で、「〇〇製作所」とだけ書かれただけの名刺だったらどうでしょうか。
「また、何かの機会があれば、よろしくお願い致します。」と社交辞令を交わしただけでその場を後にしてしまうと、
困っている経営者さんも、そのまま「B」の工程に困ったまま。
「B」の工程の会社さんも、受注のチャンスを機会損失してしまう。
お互い不幸。なのです。
「価値」を相手に伝えないということは、不幸な事なんです。

だから、奇跡的なご縁でつながった自分の周りのご縁のある方に、自分の価値をしっかりお伝えすること。
これは、ある意味「義務」なのではないかと思うのです。

名刺交換する時の目の前の方。
1人 / 74億人 の奇跡的な確率でご縁を頂けた方。
その方のお役に立てるチャンスかもしれないその時に、自分(自社)の価値をしっかりお伝えする。
やはり、それは義務ですね。
「価値の合致」は起こらないかもしれない。
でも、それでも、自分(自社)の価値をしっかりお伝えする。

それをするためには、
私は名刺が最高のツールだと考えています。
そもそも、お会いした時に口頭で伝えるのは無理がある。

名刺をしっかり活用して、効果的に自分(自社)の価値を伝えていきましょう。
それが、名刺交換しただけで、仕事を受注できることにつながる手段だから。
そして義務なのだから。

プロフィール

お渡しするのが楽しくなるような、名刺作りのお手伝いをいたします。

カレンダー

2019年12月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近のコメント